亀の甲(読み)カメノコウ

デジタル大辞泉の解説

かめ‐の‐こう〔‐カフ〕【亀の甲】

亀のからだを覆う角質の硬い殻。甲羅。かめのこ。
六角形が前後左右に連続した模様。きっこう。
ベンゼン環のこと。六角形をなすのでいう。
波しぶきを防ぐために船首につける厚板の囲い。
戦国時代城攻めに用いた兵車で、外面を生の牛皮などで覆ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

亀の甲

一部溶解した亀甲石団塊(septarian nodule)で,内部の脈が表面に露出し,その模様が亀のに類似しているもの[Pettijohn : 1957].米国カリフォルニア州の曲がった断層面の記述に使用された[Curry : 1938].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かめのこう【亀の甲】

亀の背中についている甲羅こうら
六角形が上下左右に並んだ模様。亀甲きつこう。亀甲形。
ベンゼンの構造式の俗称。六角形になるのでいう。
波しぶきを防ぐため船首につけた亀の甲状の板囲い。かっぱ。
[句項目] 亀の甲より年の劫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀の甲の関連情報