コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀の甲 カメノコウ

3件 の用語解説(亀の甲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめ‐の‐こう〔‐カフ〕【亀の甲】

亀のからだを覆う角質の硬い殻。甲羅。かめのこ。
六角形が前後左右に連続した模様。きっこう。
ベンゼン環のこと。六角形をなすのでいう。
波しぶきを防ぐために船首につける厚板の囲い。
戦国時代に城攻めに用いた兵車で、外面を生の牛皮などで覆ったもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かめのこう【亀の甲】

亀の背中についている甲羅こうら
六角形が上下左右に並んだ模様。亀甲きつこう。亀甲形。
ベンゼンの構造式の俗称。六角形になるのでいう。
波しぶきを防ぐため船首につけた亀の甲状の板囲い。かっぱ。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀の甲の関連情報