コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井南溟 かめい

2件 の用語解説(亀井南溟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

亀井南溟

江戸後期の儒者。筑前生。名は魯、字は道載、通称を主水。別号に信天翁・狂念居士等。徂徠学を増大潮に、古医方を永富独嘯庵に学ぶ。福岡藩藩校甘棠館総受侍となる。門下に広瀬淡窓ら。著に『肥後物語』『論語語由』等。文化11年(1814)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀井南溟
かめいなんめい

[生]寛保3(1743)
[没]文化11(1814)
江戸時代後期の古学派の儒学者。吉益東洞,永富独嘯庵,山県周南に学び,徂徠学を修める。福岡藩儒として藩学を築く。著書『論語語由』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀井南溟の関連キーワード中野龍田奥田桐園高橋波藍多賀谷向陵丹鶴舟三宅錦川細合半斎越智高洲斎藤抱山亀井南冥

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone