コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井南溟 かめい

美術人名辞典の解説

亀井南溟

江戸後期の儒者。筑前生。名は魯、字は道載、通称を主水。別号に信天翁・狂念居士等。徂徠学を増大潮に、古医方を永富独嘯庵に学ぶ。福岡藩藩校甘棠館総受侍となる。門下に広瀬淡窓ら。著に『肥後物語』『論語語由』等。文化11年(1814)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀井南溟
かめいなんめい

[生]寛保3(1743)
[没]文化11(1814)
江戸時代後期の古学派の儒学者。吉益東洞,永富独嘯庵,山県周南に学び,徂徠学を修める。福岡藩儒として藩学を築く。著書『論語語由』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

亀井南溟の関連キーワード竹田黙雷亀井幻庵永富亀山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android