コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井南溟 かめい

美術人名辞典の解説

亀井南溟

江戸後期の儒者。筑前生。名は魯、字は道載、通称を主水。別号に信天翁・狂念居士等。徂徠学を増大潮に、古医方を永富独嘯庵に学ぶ。福岡藩藩校甘棠館総受侍となる。門下に広瀬淡窓ら。著に『肥後物語』『論語語由』等。文化11年(1814)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀井南溟
かめいなんめい

[生]寛保3(1743)
[没]文化11(1814)
江戸時代後期の古学派の儒学者。吉益東洞,永富独嘯庵,山県周南に学び,徂徠学を修める。福岡藩儒として藩学を築く。著書『論語語由』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

亀井南溟の関連キーワード竹田黙雷亀井幻庵永富亀山

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android