コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀井少琴

美術人名辞典の解説

亀井少琴

江戸後期の閨秀漢詩人。昭陽の女。筑前生。名は友、小琴は字。墨竹図も能くした。安政4年(1857)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

亀井少琴

没年:安政4.7.6(1857.8.25)
生年:寛政10.2.19(1798.4.4)
江戸後期の詩人,画家。福岡の儒学者亀井昭陽 の長女。祖父は南冥。名を友といい,幼少より父,祖父の薫陶を受け詩書画に長じた。15歳で邸内に居室窈窕邱を与えられ,これを別号とした。文化13(1816)年父の門人三苫源吾(号雷首)と結婚。文政7(1824)年三苫は昭陽の求めで亀井姓を名乗り分家した。源吾は医業のかたわら儒学を子弟に教え,少琴はこれを補佐した。朝鮮の書に影響を受けたシャープな書体と,力強い打ち込みの大胆な図柄の絵を描き,独自の世界を開拓している。福岡・能古博物館に多くの作品が伝わっている。

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

亀井少琴の関連キーワード没年

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android