亀屋佐京(読み)かめや さきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀屋佐京 かめや-さきょう

1789-1850 江戸時代後期の商人。
寛政元年生まれ。中山道柏原宿の艾(もぐさ)屋。江戸では吉原の遊女に「江州柏原,伊吹山の麓(ふもと),亀屋佐京の切り艾」とうたわせ,京都では伊吹艾に関する新作の浄瑠璃(じょうるり)を興行するなど,奇抜な宣伝で伊吹艾の名を全国にひろめた。嘉永(かえい)3年死去。62歳。近江(滋賀県)出身。姓は松浦。通称は七兵衛

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android