亀年禅愉(読み)きねん ぜんゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀年禅愉 きねん-ぜんゆ

?-1562* 戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。山城(京都府)の人。京都建仁(けんにん)寺の月舟寿桂,雪嶺永瑾(せつれい-えいきん)にまなぶ。のち妙心寺の大休宗休の法をつぎ,同寺の住持となる。後奈良(ごなら)天皇の帰依(きえ)をうけ,照天祖鑑国師の号をおくられた。永禄(えいろく)4年12月13日死去。俗姓は遠山。著作に「法語集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android