コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田介治郎 かめだ すけじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田介治郎 かめだ-すけじろう

1844-1912 明治時代の商人。
弘化(こうか)元年生まれ。織物の行商をしていたが,明治2年ごろから大阪で米穀仲買商をいとなみ,亀政と称した。18年東京に進出,米穀仲買や株式相場で活躍,電光とよばれた。大正元年12月23日死去。69歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀田介治郎の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門バンディエラ兄弟曲芸ペテーフィマルクス経済学白瀬矗光の科学史シュトラスブルガー歴史小説

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone