コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了堂素安 りょうどう そあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了堂素安 りょうどう-そあん

1292-1360 鎌倉-南北朝時代の僧。
正応(しょうおう)5年生まれ。臨済(りんざい)宗。同源道本の法をつぎ,鎌倉円覚寺,建長寺に参じる。鎌倉法泉寺,伊豆(いず)吉祥寺をひらき,建長寺,寿福寺住持となった。延文5=正平(しょうへい)15年10月20日死去。69歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。諡号(しごう)は本覚禅師。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

了堂素安の関連キーワード南北朝時代伯英徳俊大年祥登正応

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android