コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井蛙抄 セイアショウ

デジタル大辞泉の解説

せいあしょう〔セイアセウ〕【井蛙抄】

南北朝時代の歌論書。6巻。頓阿(とんあ)著。正平15=延文5~正平19=貞治3年(1360~1364)ごろの成立か。中世までの歌学書所説を引用・集成したもの。巻6「水蛙眼目(すいあがんもく)」は歌壇の逸話集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌論。頓阿著。6巻。鎌倉最末期から書き継がれ1360年(正平15∥延文5)前後に完成か。巻一~五は,和歌の風体,本歌取り,制詞,同名の名所,同類歌について,他の歌学書の説や歌合判詞および例歌を列挙した資料集風のもの。巻六は二条為世(ためよ)ほか当時の有力歌人からの聞書で,これのみ独立して《水蛙眼目》と題する伝本もある。二条派において重視され,古今伝授の際の必読書ともされ,広く流布した。【赤瀬 信吾】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌学書。六巻。頓阿著。1360年から64年頃成立か。当時の歌壇を知る重要資料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

井蛙抄の関連キーワード南北朝時代清原深養父詠歌大概京極為教桛・綛柿本有心

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android