コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井蛙抄 セイアショウ

3件 の用語解説(井蛙抄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいあしょう〔セイアセウ〕【井蛙抄】

南北朝時代の歌論書。6巻。頓阿(とんあ)著。正平15=延文5~正平19=貞治3年(1360~1364)ごろの成立か。中世までの歌学書の所説を引用・集成したもの。巻6「水蛙眼目(すいあがんもく)」は歌壇の逸話集。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌論。頓阿著。6巻。鎌倉最末期から書き継がれ1360年(正平15∥延文5)前後に完成か。巻一~五は,和歌の風体,本歌取り,制詞,同名の名所,同類歌について,他の歌学書の説や歌合判詞および例歌を列挙した資料集風のもの。巻六は二条為世(ためよ)ほか当時の有力歌人からの聞書で,これのみ独立して《水蛙眼目》と題する伝本もある。二条派において重視され,古今伝授の際の必読書ともされ,広く流布した。【赤瀬 信吾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌学書。六巻。頓阿著。1360年から64年頃成立か。当時の歌壇を知る重要資料。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井蛙抄の関連キーワード拾玉集和歌四天王歌論議近来風体抄追録てんがう書き備後物海人の刈藻愚問賢注半首

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone