井蛙抄(読み)せいあしょう

精選版 日本国語大辞典「井蛙抄」の解説

せいあしょう セイアセウ【井蛙抄】

南北朝時代の歌学書。六巻。頓阿(とんあ)著。貞治元~三年(一三六二‐六四)頃成立。巻五までは風体、本歌取り、制詞、同名名所、類歌などについて従来の説を引用・集成、巻六は歌人の逸話や歌壇の見聞を記す。六巻は独立して「水蛙眼目(すいあがんもく)」といい、資料的価値が高い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「井蛙抄」の解説

せいあしょう〔セイアセウ〕【井蛙抄】

南北朝時代の歌論書。6巻。頓阿(とんあ)著。正平15=延文5~正平19=貞治3年(1360~1364)ごろの成立か。中世までの歌学書の所説を引用・集成したもの。巻6「水蛙眼目(すいあがんもく)」は歌壇逸話集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「井蛙抄」の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌論。頓阿著。6巻。鎌倉最末期から書き継がれ1360年(正平15∥延文5)前後に完成か。巻一~五は,和歌の風体,本歌取り,制詞,同名の名所,同類歌について,他の歌学書の説や歌合判詞および例歌を列挙した資料集風のもの。巻六は二条為世(ためよ)ほか当時の有力歌人からの聞書で,これのみ独立して《水蛙眼目》と題する伝本もある。二条派において重視され,古今伝授の際の必読書ともされ,広く流布した。【赤瀬 信吾】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android