井蛙抄(読み)セイアショウ

世界大百科事典 第2版の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌論。頓阿著。6巻。鎌倉最末期から書き継がれ1360年(正平15∥延文5)前後に完成か。巻一~五は,和歌の風体本歌取り,制詞,同名の名所,同類歌について,他の歌学書の説や歌合判詞および例歌を列挙した資料集風のもの。巻六は二条為世(ためよ)ほか当時の有力歌人からの聞書で,これのみ独立して《水蛙眼目》と題する伝本もある。二条派において重視され,古今伝授の際の必読書ともされ,広く流布した。【赤瀬 信吾】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいあしょう【井蛙抄】

歌学書。六巻。頓阿著。1360年から64年頃成立か。当時の歌壇を知る重要資料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいあしょう セイアセウ【井蛙抄】

南北朝時代の歌学書。六巻。頓阿(とんあ)著。貞治元~三年(一三六二‐六四)頃成立。巻五までは風体、本歌取り、制詞、同名名所、類歌などについて従来の説を引用・集成、巻六は歌人の逸話や歌壇の見聞を記す。六巻は独立して「水蛙眼目(すいあがんもく)」といい、資料的価値が高い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android