コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予土(よど)線

2件 の用語解説(予土(よど)線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

予土(よど)線

JR四国が運行する鉄道路線。高知県高岡郡四万十町の若井駅から愛媛県宇和島市の北宇和島駅を結ぶ。愛称は「しまんとグリーンライン」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予土線
よどせん

四国旅客鉄道の線路名称。北宇和島(きたうわじま)(愛媛県)―若井(高知県)間、76.3キロメートル。全線単線、非電化。愛媛県南部の都市宇和島から分水嶺(ぶんすいれい)を越えて四万十(しまんと)川流域を結び、土佐くろしお鉄道(JR中村線を1988年に第三セクター化)を介して、土讃線の窪川(くぼかわ)まで結ぶ。四国循環鉄道の一部をなす。宇和島鉄道(宇和島―吉野生(よしのぶ)間、1914年および1923年開業、762ミリメートル軌間)を1933年(昭和8)に国有化した宇和島線がこの線の原形で、1941年1067ミリメートル軌間に改軌、1953年江川崎(えかわさき)へ、1974年若井まで延長開業と同時に予土線と改称された。旧私鉄区間は急曲線、急勾配(こうばい)の連続する劣悪な線形であるが、建設の新しい江川崎以東の区間は急峻(きゅうしゅん)な山地を通過するにもかかわらず、勾配、曲線を抑えた線形で設計されている。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、四国旅客鉄道に所属。線路は川奥(かわおく)信号場で土佐くろしお鉄道と合し、川奥―若井間は同鉄道と線路を共用する。列車は、予讃線の宇和島から土讃線の窪川まで直通運転される。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予土(よど)線の関連キーワード高知県高岡郡四万十町江師高知県高岡郡日高村沖名高知県高岡郡佐川町乙高知県高岡郡四万十町瀬里高知県高岡郡四万十町津賀高知県高岡郡津野町永野高知県高岡郡檮原町中平高知県高岡郡津野町船戸高知県高岡郡日高村本郷高知県高岡郡越知町峯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone