コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪川 くぼかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窪川
くぼかわ

高知県南西部,四万十町東部の旧町域。土佐湾に臨み,北東部から南西にかけて緩傾斜する台地上の地形をなす。 1926年町制施行。 1955年東又村,松葉川村,仁井田村,興津村の4村と合体。 2006年大正町,十和村と合体して四万十町となる。四万十川上流域における最大の水田地帯で,支流の松葉川,仁井田川流域は古くから仁井田米と呼ばれる良質の米を産出。畜産も行なう。森林資源が豊富で,木材を多産。中心集落の窪川は交通の要地で,JR土讃線予土線,土佐くろしお鉄道中村線の結節点。国道 56号線から 381号線が分岐し,近郊へのバス交通の発着点でもあるため,地方商業町としての色彩が濃い。岩本寺は四国八十八ヵ所第 37番札所。仁井田のヒロハチシャノキは国指定天然記念物。沿岸部は興津県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くぼかわ【窪川】

高知県南西部、高岡郡四万十しまんと町の地名。県南西部の交通の要地。

くぼかわ【窪川】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窪川
くぼかわ

高知県南西部、高岡郡にあった旧町名(窪川町(ちょう))。現在は四万十(しまんと)町の東部を占める地域。四万十川上流の窪川台地と海岸部に分かれる。旧窪川町は、1926年(大正15)町制施行。1955年(昭和30)仁井田(にいだ)、松葉川、東又(ひがしまた)、興津(おきつ)の4村と合併。2006年(平成18)大正町、十和(とおわ)村と合併して、四万十町となった。窪川台地は近世には仁井田郷とよばれ、その中心集落の窪川には土佐藩の家老山内氏が在地する土居(どい)(館(やかた))が置かれた。1951年国鉄土讃線(現JR)が延伸して窪川駅が終着駅となり、1963年国鉄中村線(現、土佐くろしお鉄道)、1974年国鉄予土線(現JR)が開通、国道56号と381号が通じ、県南西部の交通、経済、行政の中心地となっている。県下有数の米作地帯であり、周辺山地では酪農、養豚などの畜産が盛ん。海岸部の興津、志和には漁港があり、施設園芸もみられる。興津海岸は海水浴に適し、県立自然公園に指定されている。北部に松葉川温泉がある。岩本寺は四国八十八か所第37番札所。仁井田のヒロハチシャノキは国指定天然記念物。[正木久仁]
『『窪川町史』(1970・窪川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

窪川の関連キーワード高知県高岡郡四万十町香月が丘高知県高岡郡四万十町平串海洋堂ホビートレイン高知県高岡郡四万十町プロレタリア文学興津(高知県)しまんトロッコ四万十(町)新日本文学会四万十[町]太田 辰夫窪川鶴次郎今西 中通佐多 稲子佐竹 晴記佐賀[町]宮木喜久雄新日本文学窪川[町]中野重治

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窪川の関連情報