事上磨錬(読み)じじょうまれん(英語表記)shi-shang-mo-lian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事上磨錬
じじょうまれん
shi-shang-mo-lian

中国,明の学者王陽明が説いた実践綱目の一つ。人間に本来的にそなわっている善指向的識別力 (良知) を実現させるためには,朱子学のような窮理 (学問) や,禅的な静坐によるのでなく,実際のこと (事件) に対処していくなかで人格を磨いて形成していかなければならないという考え方

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じじょう‐まれん〔ジジヤウ‐〕【事上磨錬】

王陽明が修行について説いた語。観念的に考えるだけでなく、実際行動の中で知識を磨き、人格を錬成すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android