コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事業認定 じぎょうにんてい

1件 の用語解説(事業認定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事業認定
じぎょうにんてい

起業者の申請にかかる事業が土地などを収用または使用できる事業であることを確認する建設大臣または知事の行政行為裁決とともに土地収用における最も重要な手続。事業認定には,起業者の収用または使用の裁決申請権 (土地収用法 39条1項) ,土地所有者らに補償などについて周知させるべき起業者の義務 (28条の2) ,土地保全義務 (28条の3,1項) ,起業者の土地物件調査権 (35条1項) ,土地所有者らの補償金支払請求権 (46条の2) などの発生,ならびに関係人の制限 (8条3項) ,損失補償の制限 (89条1項) ,土地などの価格固定 (71,72条) などの重要な効果が伴う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の事業認定の言及

【土地収用】より

…しかしその後,戦後の復興の段階を経て開発整備期に入り,大規模な公共事業が行われるようになると,とくに面的開発を内容とする公共事業の用地取得について法運用上さまざまな欠陥,ごね得の弊害などが収用制度の不備として指摘されるに至った。そこで,67年に土地に対する補償金の算定時について事業認定時主義をとる大改正が行われ,現在に至っている。
[手続]
 〈土地収用法〉において収用の目的物つまり収用の対象の中心は,いうまでもなく〈土地〉である(2条)。…

※「事業認定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

事業認定の関連キーワード土地収用法裁決の申請請奏縄に掛かる目に掛かる罠に掛かる肩に掛かる強制収用心に掛かる高尾山トンネルをめぐる土地収用

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

事業認定の関連情報