コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起業者 きぎょうしゃ

2件 の用語解説(起業者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

起業者
きぎょうしゃ

不動産や権利を収用もしくは使用することを必要とする公共の利益となる事業を行なう者 (土地収用法) 。法律に定める公益事業を行なう者は,私人も起業者となりうる。事業の認定を受けると起業者には土地収用権が賦与され,土地所有者および関係人には起業者に対する補償請求権が発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きぎょうしゃ【起業者】

新たに事業を行おうとする者。
土地収用法(1951年制定)上、土地などを収用・使用することを必要とする事業を行う者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

起業者の関連キーワード氏名権収用所有権土地収用法不動産登記入れ質貸付不動産所得不動産保険抵当権の抹消

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

起業者の関連情報