コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損失補償 そんしつほしょう

5件 の用語解説(損失補償の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

損失補償
そんしつほしょう

適法な公権力の行使によって加えられた財産上の特別の犠牲に対して,私有財産の保障と平等負担の見地から,これを調整するために行われる財産的填補。明治憲法下においては,法律の特別の規定がなければ,損失補償について裁判所に出訴することは認められなかったが,現行憲法下においては,憲法 29条の財産権保障規定 (1項) および「私有財産は,正当な補償の下に,これを公共のために用ひることができる」という規定 (3項) ならびに 14条の平等原則の規定を根拠として,一般に「正当な補償」が認められるべきものとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

損失補償【そんしつほしょう】

公法上の,または行政上の損失補償ともいう。公共事業の遂行などの適法な公権力の行使によって特定人の財産に加えられた特別の損失(収用や使用の制限)に対し,公平の見地から社会全体の負担においてこれを調節するための財産的補償。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そんしつほしょう【損失補償】

国や公共団体が適法行為によってある人に損害をあたえたとき,その損害を埋め合わせるために支払う金銭を損失補償という。国や公共団体の公務員違法行為によってあたえた損害を塡補(てんぽ)するための国家賠償と異なる。しかし,損失補償といわれているものにも,いろいろの内容のものがある。もっとも典型的な場合は,土地収用法に基づく土地の強制収用・使用に伴う損失補償である。そのほかにも個別的な法律によって損失補償を認めたものも数多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そんしつほしょう【損失補償】

土地収用など国や公共団体が適法な公権力の行使により、特定の者に特別の犠牲を強いた場合、その損失を補償すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

損失補償
そんしつほしょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の損失補償の言及

【国家補償】より

…これらの場合を総称して〈国家補償〉という。しかし,〈国〉の活動と称しても,その公務員が違法な活動をしたり,その施設の設置管理にミス(瑕疵(かし))があったために賠償する国家賠償の場合と,土地収用に対する補償のような損失補償の場合とでは,かなり内容が異なる。これらの場合を含めて,〈国家補償〉と総称するようになったのは,比較的最近のことであり,また,それには一定の理由があった。…

※「損失補償」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

損失補償の関連情報