コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二〇三高地 にひゃくさんこうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二〇三高地
にひゃくさんこうち

日露戦争中,1904年にロシア軍が拠る旅順の攻略にあたって,日本軍が多大の損害を出して攻略した旅順郊外の高地。高さが 203mあったところからこう呼ばれた。 11月 26日から 12月4日まで続いた攻撃で,日本軍は 5000人以上の戦死者と1万人以上の戦傷者を出した。占領後,爾霊山と命名され,ここに観測所をおくことによって,港内の艦隊を砲撃撃沈することが可能となり,旅順開城を早めることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

二〇三高地の関連キーワード日露戦争史(年表)ヘアスタイル旅順港口閉塞島崎 曙海旅順の戦い髪形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二〇三高地の関連情報