コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次成鉱床 にじせいこうしょうsecondary deposit

岩石学辞典の解説

二次成鉱床

初生鉱床(primary deposit)に対する語で,既存の岩石や鉱床が風化作用や河川の浸食作用など鉱化作用と関係のない地質学的な営力を受けて生じた鉱床をいう.風化残留鉱床,漂砂鉱床などが含まれる[片山ほか : 1970].下向きに浸透する水による富化作用で形成された二次鉱石鉱物(secondary ore mineral)と,同じマグマ性の富化作用の初期に形成され交代された二次鉱物(secondary mineral)と混乱が起こるので,リンドグレンランサムはこの語を廃止することを薦めている.ランサムはsupergeneおよびhypogeneの語を提案している[Ransome : 1912, Lindgren : 1928, Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

二次成鉱床の関連キーワード初生鉱床

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android