二要素認証(読み)にようそにんしょう(英語表記)2-factor authentication

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二要素認証
にようそにんしょう
2-factor authentication

複数の要素を組み合わせて信頼性を高めた認証方式(要素認証)のうち、二つの要素を使う方式のこと。ATM(現金自動預金支払機)の操作、インターネットバンキング、クラウドサービスなどのログインに使用され、二段階認証ともいう。認証における要素は、以下の三つに分類され、それらのうち、異なる分類から二つの要素を選んで使用する。(1)ユーザーの知っていること(what you know) ID(認証番号)、パスワードなど。(2)ユーザーの所有しているもの(what you have) メールやスマートフォンアプリによるワンタイムパスワードや、セキュリティトークン(個々に異なる認証情報をもつ物理的な鍵。スティックタイプのハードキーで暗証番号を表示するもの、USBタイプでコンピュータに挿入して自動的に認証するもの、カードタイプなど)、乱数表が記載されたカード、ICカードなど。(3)ユーザー自身の特性(who you are) 固有の身体的特徴(指紋、虹彩(こうさい)、静脈など)による生体認証。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二要素認証の関連情報