二見御厨(読み)ふたみのみくりや

百科事典マイペディア「二見御厨」の解説

二見御厨【ふたみのみくりや】

伊勢国度会(わたらい)郡にあり,《和名類聚抄》記載の二見郷の地に成立した伊勢神宮御厨。三重県度会郡二見町(・伊勢市)の海岸部に比定される。二見郷に古来からある塩を調製する神宮御塩殿(みしおでん)を中心に成立したのであろう。1192年の〈伊勢大神宮神注文〉にはみえず,南北朝期の《神鳳鈔》に二宮領として二見御厨の名がみえる。また1201年の大神宮司解には二見御厨惣検校(そうけんぎょう)の名がみえており,惣検校・検校・御塩所司神人(じにん)などが製塩漁業に携わった。以降1444年に至る二見御厨に関わる文書のすべてが御厨内の売却地,神人の持つ漁業特権,悪党押妨などをめぐる訴訟に関わる。御厨比定地域内には,御塩殿の鎮守神である御塩殿神社がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「二見御厨」の解説

ふたみのみくりや【二見御厨】

伊勢国度会(わたらい)郡二見郷(現,三重県度会郡二見町)に成立した伊勢神宮(内・外宮)領の御厨。二見は古来塩を調製する神宮御塩殿(みしおでん)の所在地で,二見御厨も御塩殿を中心に,その惣検校(そうけんぎよう),御塩所司神人(じにん)等の居住地を含めて成立したものであろう。1192年(建久3)8月の〈伊勢大神宮神領注文〉(《神宮雑書》)および《神宮雑例集》(13世紀初頭)には見えず,《神鳳鈔》(南北朝期)には見えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android