コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総検校/惣検校 ソウケンギョウ

デジタル大辞泉の解説

そう‐けんぎょう〔‐ケンゲウ〕【総検校/×惣検校】

中世、荘園公領職名在地の最高責任者。
中世、大寺社におかれた僧職。寺務の全体を総括した。
室町時代以降、当道の最高責任者。全国の盲人を統轄した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうけんぎょう【総検校】

検校の最上位。
当道座の最高位。当道座所属の盲人を統轄した。
寺務を総轄する職。
国衙こくが・荘園の、在地の最高責任者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

総検校/惣検校の関連キーワード波多野検校当道要集竹永検校塙保己一三島安一畠山重保江戸重長北島検校畠山重忠明石覚一河越重頼杉山和一出雲孝房疋田検校島浦益一最上位馬場氏最高位秩父氏当道座

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android