コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重売買 ニジュウバイバイ

3件 の用語解説(二重売買の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にじゅう‐ばいばい〔ニヂユウ‐〕【二重売買】

売り主が同一の目的物を別々の買い主に二重に売ること。民事上、先に登記または引き渡しなどの対抗要件を備えた買い主が完全な所有権を取得する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二重売買
にじゅうばいばい

たとえば、Aがその所有物を一方でBに売却しながら、他方ではCにも売却するというように、同一物につき2個以上の売買契約をすることをいう。わが国の民法は、現存する特定物の売買では、当事者意思表示のみにより物権変動の効力を生ずるものとしているので(176条)、所有権移転の効果は原則として売買契約時に生ずることとなる。したがって、同一物につき二重に売買がなされれば、それぞれの売買契約時において二重に所有権が譲渡されたこととなる。しかし、意思表示のみによって効力を生じた物権変動も、不動産であれば登記(民法177条)、動産であれば引渡し(同法178条)がなければ、第三者に対して対抗力を有しない。すなわち、不動産の二重売買では登記、動産の二重売買では引渡しを受けなければ、買い主は完全な所有権を取得できないわけである。[竹内俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone