コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重螺旋(読み)にじゅうらせん(英語表記)double helix

翻訳|double helix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重螺旋
にじゅうらせん
double helix

デオキシリボ核酸 DNA分子の構造モデルをいう。その形状からの名であり,多少通俗的な呼び方であるが,広く用いられている。この構造モデルは J.ワトソンと F.クリックの提唱したもので (1953) ,分子生物学の象徴とされる。ワトソンはのちに『二重らせん』という表題で,率直でやや露悪趣味もある筆致の回想記を書いて,話題をまいた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にじゅうらせん【二重螺旋】

1953年、 J = D =ワトソンと F = H =クリックとが提唱したデオキシリボ核酸の分子構造模型。糖とリン酸とが結合した長い二本の鎖が同一軸を中心に逆方向に螺旋状にのび、両方の鎖の内側に配列した塩基が、それぞれアデニンにはチミン、グアニンにはシトシンの組み合わせで水素結合する。ワトソン-クリックのモデル。 DNA の二重鎖モデル。 → 塩基対

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二重螺旋の関連情報