二階俊博(読み)にかい としひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二階俊博 にかい-としひろ

1939- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和14年2月17日生まれ。元建設相・遠藤三郎秘書,和歌山県会議員などをへて,昭和58年衆議院議員に初当選(当選11回)。平成5年小沢一郎新生党結成。のち小沢にしたがい新進党,自由党に参加する。国会対策委員長として自自連立政権樹立につくし,11年小渕第2次改造内閣の運輸相・北海道開発庁長官として初入閣した。12年小沢とをわかち保守党を結成し,自公保連立政権に参加,第1次森内閣の運輸相・北海道開発庁長官。14年保守新党幹事長についたが15年の総選挙で惨敗し自民党に吸収された。同年新しい波(二階派)を結成。第3次小泉改造内閣,福田康夫改造内閣,麻生内閣で経済産業相。平成19-20年には自民党総務会長をつとめた。26年第2次安倍改造内閣発足にあたって再び自民党総務会長に就任。和歌山県出身。中央大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

二階俊博 (にかいとしひろ)

生年月日:1939年2月17日
昭和時代;平成時代の政治家,衆院議員

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二階俊博の関連情報