コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂保則 にかいどう・やすのり

1件 の用語解説(二階堂保則の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

二階堂保則

没年:大正14.8.4(1925)
生年:慶応1.9.9(1865.10.28)
明治後期から大正期の統計専門家。新潟県出身。初め菊太郎と称し,のち父の名を継いで改名。明治31(1898)年内務技手,32年内閣統計局嘱託となり,開始直後の「人口動態調査」を担当,詳細な死因分類の作成など,その改善充実に努める。さらに第1回国勢調査の実施が決まると,臨時国勢調査局調査課長として実施に当たり,大正10(1921)年1月退官。以後,早稲田大学,東京帝大(農学部,経済学部)などの統計学の講師を勤める。衛生統計,人口統計,統計学一般に関する論著多数。丹毒で発病後わずか4日で急死。<参考文献>二階堂つる『そのおもかげ』

(守岡隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二階堂保則の関連キーワード尾竹越堂間の子船専門家伊藤武夫近藤亨二階堂保則(2)野口伝兵衛広井一真柄栄吉柳沢保恵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone