コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂行頼 にかいどう・ゆきより

朝日日本歴史人物事典の解説

二階堂行頼

没年:弘長3.11.10(1263.12.12)
生年:寛喜2(1230)
鎌倉幕府の 政所執事二階堂行泰の子。建長2(1250)年に近習番となり,以後たびたび番衆に選ばれる。文応1(1260)年,従五位下,加賀守となる。弘長2(1262)年引付衆となる。同年,政所執事となる。

(永井晋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

二階堂行頼の関連キーワード二階堂行実

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android