コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五ヵ所商人 ごかしょしょうにん

百科事典マイペディアの解説

五ヵ所商人【ごかしょしょうにん】

江戸時代,糸割符(いとわっぷ)商法により生糸貿易を独占していた堺・長崎・京都・大坂・江戸の商人。1604年に創設された糸割符制度で,堺・長崎・京都の三ヵ所商人(糸割符仲間)が輸入生糸の購入・価格決定を任され,貿易の利益を独占。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

五ヵ所商人の関連キーワード市法売買長崎会所