コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五丈原 ゴジョウゲン

3件 の用語解説(五丈原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごじょうげん〔ゴヂヤウゲン〕【五丈原】

中国陝西(せんせい)省、秦嶺(しんれい)山脈の北麓地帯。234年に諸葛孔明(しょかつこうめい)司馬懿(しばい)と対陣中、病死した所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごじょうげん【五丈原】

中国、陝西せんせい省秦嶺しんれい山脈北側の平原。三国時代の古戦場。234年、魏の司馬懿しばいと対陣中に蜀の諸葛孔明しよかつこうめいが病死した地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五丈原
ごじょうげん

中国、陝西(せんせい/シャンシー)省眉(び)県の西方に広がる丘陵地帯で、三国時代の古戦場。蜀(しょく)の諸葛亮(しょかつりょう)(孔明(こうめい))が魏(ぎ)を討つために大軍を率いて出陣し、魏の司馬懿(しばい)(仲達(ちゅうたつ))とここで対峙(たいじ)した(234)。諸葛亮は屯田(とんでん)をおこして軍糧を確保し、100余日に及ぶ持久戦に持ち込んだが、そのさなかに病没した。諸葛亮の死後も、司馬懿はまだ彼が生きていると思い込み、その追撃を恐れて退却したので、「死せる諸葛、生ける仲達を走らす」という諺(ことわざ)が生まれたという。[關尾史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の五丈原の言及

【陝西[省]】より

…その南方5kmの黄堡鎮(こうほちん)は,かつて北方青磁といわれた耀州窯(ようしゆうよう)の遺跡として近年有名になった。その他,東の省境に近く秦嶺の南にそびえる西岳(五岳の一つ)華山を始め,宝鶏市の北西にある,三国時代,蜀の諸葛孔明の陣地として有名な岐山(きざん)県の五丈原,東の省境,韓城県の司馬遷の墓,漢中市の東,城固県の張騫(ちようけん)の墓など,名勝古跡はすこぶる多い。【日比野 丈夫】。…

※「五丈原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五丈原の関連キーワード秦嶺山脈陝西省華清宮京兆鴻門秦嶺陝西孫康陝西[省]菱川秦嶺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五丈原の関連情報