五具足(読み)ごぐそく

精選版 日本国語大辞典「五具足」の解説

ご‐ぐそく【五具足】

〘名〙 仏前に供する蝋燭立一対、華瓶(けびょう)一対、香炉一基の称。五器
※叢林集(1698)四「本寺の大会のときは五具足なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五具足」の解説

ご‐ぐそく【五具足】

仏前に供える、華瓶けびょう一対、ろうそく立て一対、香炉一基の五つの仏具。五器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の五具足の言及

【祭具】より

…便宜上仏具を,僧服を除き,仏の荘厳・供養具と修行・法要に用いられる仏具とに分けることができる。仏の荘厳具,供養具として,舎利塔,厨子(ずし),須弥壇(しゆみだん),天蓋,幢幡(どうぱん),打敷(うちしき),水引,華鬘(けまん),礼盤(らいばん),経机(きようづくえ),三具足,五具足(香炉と燭台・華瓶各1対)などがある。密教の荘厳具として密壇(大壇),護摩壇などがこれに加わる。…

※「五具足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android