コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐秀助 いがらし ひですけ

1件 の用語解説(五十嵐秀助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐秀助 いがらし-ひですけ

1859*-1933 明治-大正時代の電信電話技術者。
安政5年12月22日生まれ。明治15年工部省にはいり,欧米の電信電話事業を視察し,帰国後,逓信技師となる。東京,横浜などで電話網建設の基礎をつくった。退官後は中国の漢口,武昌の電話改善事業にあたる。昭和8年2月11日死去。76歳。出羽(でわ)米沢(山形県)出身。工部大学校卒。旧姓は徳間。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五十嵐秀助の関連キーワード光の科学史晩年伊豆の踊子丹下左膳シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐片山潜

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone