コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十里ダム いかりダム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五十里ダム
いかりダム

栃木県北西部,日光市北東を流れる鬼怒川支流男鹿川にあるダム。重力式コンクリートダム (→重力ダム ) で,高さ 112m,長さ 267m,有効貯水量 4600万m3。利根川流域総合開発の一つとして 1950年に着工,1956年に完成。鬼怒川の洪水調節,発電などに利用される多目的ダム。下流に川治第一発電所 (最大出力1万 5300kW) ,川治第二発電所 (最大出力 2400kW) がある。川治温泉の上流に位置し,観光地となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

五十里ダム【いかりダム】

栃木県日光市,鬼怒(きぬ)川の支流男鹿川にかかる発電・洪水調節用ダム。重力ダムで堤高112m,有効貯水量4600万m3。川治第1発電所(最大出力1万8200kW)がある。
→関連項目利根川藤原[町]湯西川ダム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

五十里ダムの関連キーワード栃木県日光市日光国立公園小平 重吉会津西街道五十里湖帝釈山地藤原下流着工

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android