コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川治温泉 かわじおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川治温泉
かわじおんせん

栃木県北西部,日光市にある温泉。鬼怒川と支流男鹿川の合流点に位置する。江戸時代中頃発見された。泉質単純泉泉温 42~47℃。露天風呂で有名。付近の農民農閑期に利用する湯治場であったが,1929年東武鉄道鬼怒川線の開通後観光地として発展した。現在は野岩鉄道の川治温泉駅,川治湯元駅がある。近くに人工の五十里湖 (いかりこ) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわじ‐おんせん〔かはぢヲンセン〕【川治温泉】

栃木県日光市北東部、男鹿川と鬼怒川の合流点にある温泉。泉質は単純温泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわじおんせん【川治温泉】

栃木県北西部、日光市川治温泉川治にある温泉。単純泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕川治温泉(かわじおんせん)


栃木県日光(にっこう)市北東部、鬼怒(きぬ)川と支流男鹿(おじか)川の合流点にわく行楽・保養向きの温泉。大正期以降、鉄道交通の整備に伴って発展した。五十里(いかり)湖・川治ダムや鬼怒川の龍王(りゅうおう)峡に囲まれた新緑・紅葉探勝の基地。男鹿川沿いの薬師(やくし)の湯は露天風呂で名高い。ナトリウム-塩化物硫酸塩泉。泉温48.8℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川治温泉
かわじおんせん

栃木県日光(にっこう)市北部の鬼怒(きぬ)川上流と、支流男鹿(おじか)川の合流点の段丘上にある温泉。1723年(享保8)に発見されたとされるが、開発が進んだのは、1920年代の藤原軌道(現、東武鬼怒川線)と東武鉄道日光線の開通後のことである。泉質は無色単純温泉。川畔の露天風呂(ぶろ)(岩風呂)が名物。北に人造湖の五十里(いかり)湖、西に高さ140メートルの川治ダム、南に龍王峡がある。国道121号が通じ、野岩(やがん)鉄道の川治温泉駅と川治湯元(ゆもと)駅がある。[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

川治温泉の関連キーワードエーデルワイススキーリゾート栃木県日光市藤原藤原(栃木県)KAWAちゃんKINUちゃん日光国立公園栃木県日光市藤原[町]五十里ダム会津西街道川治ダム五十里竜王峡龍王藤原

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川治温泉の関連情報