コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川治温泉 かわじおんせん

5件 の用語解説(川治温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川治温泉
かわじおんせん

栃木県北西部,日光市にある温泉。鬼怒川と支流男鹿川の合流点に位置する。江戸時代中頃発見された。泉質は単純泉,泉温 42~47℃。露天風呂で有名。付近の農民が農閑期に利用する湯治場であったが,1929年東武鉄道鬼怒川線の開通後観光地として発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわじ‐おんせん〔かはぢヲンセン〕【川治温泉】

栃木県日光市北東部、男鹿川と鬼怒川の合流点にある温泉。泉質は単純温泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわじおんせん【川治温泉】

栃木県北西部、日光市川治温泉川治にある温泉。単純泉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕川治温泉(かわじおんせん)


栃木県日光(にっこう)市北東部、鬼怒(きぬ)川と支流男鹿(おじか)川の合流点にわく行楽・保養向きの温泉。大正期以降、鉄道交通の整備に伴って発展した。五十里(いかり)湖・川治ダムや鬼怒川の龍王(りゅうおう)峡に囲まれた新緑・紅葉探勝の基地。男鹿川沿いの薬師(やくし)の湯は露天風呂で名高い。ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。泉温48.8℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川治温泉
かわじおんせん

栃木県日光(にっこう)市北部の鬼怒(きぬ)川上流と、支流男鹿(おじか)川の合流点の段丘上にある温泉。1723年(享保8)に発見されたとされるが、開発が進んだのは、1920年代の藤原軌道(現、東武鬼怒川線)と東武鉄道日光線の開通後のことである。泉質は無色単純温泉。川畔の露天風呂(ぶろ)(岩風呂)が名物。北に人造湖の五十里(いかり)湖、西に高さ140メートルの川治ダム、南に龍王峡がある。国道121号が通じ、野岩(やがん)鉄道の川治温泉駅と川治湯元(ゆもと)駅がある。[櫻井明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川治温泉の関連キーワード日光山日光山唄日光巻き栃木県立日光自然博物館栃木県日光市川俣栃木県日光市鬼怒川温泉大原栃木県日光市鬼怒川温泉滝栃木県日光市御幸町栃木県日光市独鈷沢栃木県日光市日光

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川治温泉の関連情報