コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十里湖 イカリコ

デジタル大辞泉の解説

いかり‐こ【五十里湖】

栃木県北部にある人造湖鬼怒川の支流男鹿(おじか)川をせき止めて造られた。面積3.1平方キロメートルは県内最大。昭和31年(1956)灌漑(かんがい)・発電用などの多目的ダムとして造られた五十里ダム貯水池

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕五十里湖(いかりこ)


栃木県北部、利根(とね)川水系鬼怒(きぬ)川支流男鹿(おじか)川の五十里ダムによってできた人造湖。五十里ダムは、1956年(昭和31)に建設省が直営で建設した多目的ダムで、重力式コンクリートダム(堤高112m、堤長267m、面積3.1km2、総貯水容量5500万m3)。日光(にっこう)国立公園に属し、湖畔(こはん)に展望台が設置され、ボート遊びができる。東武鉄道鬼怒川線が会津野岩(あいづやがん)鉄道と結ばれ、下流の川治(かわじ)温泉・龍王(りゅうおう)峡とともに首都圏からの行楽地の一つとなった。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五十里湖
いかりこ

栃木県北部、日光(にっこう)市の北東部にある人造湖。鬼怒(きぬ)川支流の男鹿(おじか)川をせき止めて1956年(昭和31)完成。国土総合開発法(1950)の利根(とね)特定事業の一環として築造され、有効貯水量4600万立方メートル、長さ267メートル、高さ112メートル。洪水調節、灌漑(かんがい)、発電の多目的、重力式コンクリートダム。湖の面積3.1平方キロメートルは栃木県内の人造湖中最大。湖の中ほどに展望台があり、マス放流も行われ、憩いの場となっている。男鹿川に沿う谷は岩盤がもろく、1682年(天和2)山崩れにより、現在とほぼ同位置・同規模の古五十里湖の出現をみたが、1723年(享保8)8月に決壊し、下流一帯が大洪水となって死者千数百人に達した。湖岸を国道121号が走り、野岩(やがん)鉄道川治(かわじ)温泉駅からバスが通じる。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五十里湖の言及

【鬼怒川】より

…1629年(寛永6)小貝川を分離し,1621年(元和7)から54年(承応3)にいたる数次の開削で鬼怒川が利根川の支流となったことは,画期的な流路変更であった。18世紀初めごろ支流男鹿川に山崩れでできていた天然の古五十里湖が1723年(享保8)崩壊して下流一帯が大洪水(五十里洪水)に見舞われ,千数百人の死者を出した。【平山 光衛】。…

※「五十里湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五十里湖の関連キーワード藤原(栃木県)湯西川温泉川治温泉川俣ダム八汐湖建設省洪水

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android