コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五大庵一米 ごだいあん いちべい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五大庵一米 ごだいあん-いちべい

1791-1859 江戸時代後期の神職,華道家。
寛政3年1月5日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)榛名(はるな)神社の社家。江戸の昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。和漢の学をはじめ,易学書画,俳諧(はいかい)に通じた。遠州流の華道をまなび,三雅流を創始した。安政6年7月4日死去。69歳。姓は佐藤。名は常範。字(あざな)は元亮。通称は五百枝別号に杉堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

五大庵一米の関連キーワード神職

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android