コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五方・五部 ごほうごぶ

世界大百科事典 第2版の解説

ごほうごぶ【五方・五部】

朝鮮,百済が538‐660年の間実施した地方および王都軍政区画。百済は王都を泗沘(しひ)(忠清南道扶余)に移すと,三国対立の激化に備えて,王都と地方の政治体制を軍政化した。王都を上・前・中・下・後の五部あるいは中・東・西・南・北の五部に分け,各部をさらに五巷(坊)に区分し,各部を軍政の単位とし,各部に500人の軍隊をおいた。また地方を五方に分け,中方は古沙城(全羅北道古阜),東方は得安城(忠清南道恩津付近),南方は久知下城(全羅南道長城か),西方は刀先城(未詳),北方は熊津城(忠清南道公州)を中心とした地方である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

五方・五部の関連キーワード仏教の公伝百済(くだら 朝鮮)義慈王扶余百済泗沘プヨ(扶余)邑扶余(大韓民国)飛鳥時代(年表)地球の深部

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android