コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五旬祭 ごじゅんさい

世界大百科事典 第2版の解説

ごじゅんさい【五旬祭 Pentecost】

ユダヤ教,キリスト教の祝日。(1)旧約聖書見られる五旬祭(《出エジプト記》34:22,《レビ記》23:15,《申命記》16:9)は,イスラエル民族のカナン定住後,農耕儀礼として起こったユダヤ教の三大祝日の一つ。後に,かつてイスラエル民族がエジプト脱出(過越)のできごとから50日目にシナイ山麓でモーセを通して受けた神のことば(十誡)を受け入れたことが神と民との契約として記念する礼拝集会として意義付けられるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の五旬祭の言及

【聖霊降臨祭】より

…キリスト教の教会暦で復活祭に次ぐ祭日の一つ。聖霊降臨のできごとは,キリストの復活のできごとから50日目,旧約の五旬祭の日に起こったので,キリスト者にとってこのできごとを記念する日が聖霊降臨祭となった。《使徒行伝》の第2章にも書かれているように,この日使徒の説教によって,多くの人が洗礼を受け,キリスト者の共同体である教会ができたことを祝う。ペンテコステ【土屋 吉正】…

【ペンテコステ】より

…ギリシア語pentēkostē(〈第50〉の意)に由来し,《使徒行伝》2章1節以下に伝えられている聖霊降臨日をさす語。この日を記念するキリスト教の祭日は聖霊降臨祭,五旬祭と言い,元来は旧約聖書に記されている過越の祭より50日目の七週の祭(《出エジプト記》34:22)を意味していたが,新約聖書では,それをイエスの復活日より50日目をさすと解釈された。それによれば,この日聖霊が初代教会の信徒たちの頭上に炎のように降り,そこで彼らが〈他国の言葉〉で語りはじめたとされる。…

※「五旬祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone