五時教(読み)ごじきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五時教
ごじきょう

釈尊一代の説法を年次のうえから5期に分けたもの。慧観,劉きゅう (りゅうきゅう) ,智 顗などの説がある。智 顗の五時八教は最も有名である。 (→五時 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごじ‐きょう〔‐ケウ〕【五時教】

釈迦(しゃか)が1代の50年間に説いた教法を5期に分類した称。中国天台宗の祖智顗(ちぎ)が説いたもので、華厳(けごん)時・鹿苑(ろくおん)時・方等(ほうどう)時・般若(はんにゃ)時・法華涅槃(ほっけねはん)時をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじきょう【五時教】

〘仏〙 天台宗で釈迦一代の説教を、華厳時けごんじ・阿含時あごんじ・方等時ほうどうじ・般若時はんにやじ・法華涅槃時ほつけねはんじの五期に分け、経典をその各時期に対応させることによって仏説を体系づけた経典批判。 → 五時八教

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごじ‐きょう ‥ケウ【五時教】

〘名〙 仏語。釈迦一代の教説を五つの時期的展開として分類した称。光宅寺法雲は、阿含時般若時、維摩時、法華時、涅槃時の五時を説き、天台大師智顗(ちぎ)は、華厳時、阿含時、方等時、般若時、法華涅槃時とする。五時。〔法華義疏(7C前)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android