コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五時八教 ごじはっきょう

5件 の用語解説(五時八教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五時八教
ごじはっきょう

天台宗においては,釈尊一代の説法の次第を五時をもって定め,その説法の深浅 (化儀〈けぎ〉の四教) と教法の深浅 (化法の四教) の八教をもって分別した。「五時」とは,華厳時──『華厳経』を説いた時期,鹿苑時──『阿含経典』を説いた時期,方等 (ほうどう) 時──『維摩経』『勝鬘経』などを説いた時期,般若時──『般若経典』を説いた時期,法華涅槃時──『法華経』『涅槃経』を説いた時期である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごじ‐はっきょう〔‐ハツケウ〕【五時八教】

天台宗で、釈迦(しゃか)1代の説法に対する教相判釈(きょうそうはんじゃく)。説法年時により5期に分けた五時と、教え導く方法の上から立てた化儀(けぎ)の四教、導かれる側の能力に応じた教えの内容の上から立てた化法の四教とからなる八教。化儀の四教は頓教(とんぎょう)漸教秘密教・不定教(ふじょうきょう)、化法の四教は三蔵教通教別教円教をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごじはっきょう【五時八教 wǔ shí bā jiào】

仏教の思想用語。天台の教義の一つ。隋の智顗(ちぎ)にはじまり,唐代に日本と朝鮮に伝えられ,宋代に集大成される。《法華経》を中心として,漢訳の仏典を整理し,そこに含まれる教理や実践方法のちがいを弟子の能力に応ずる釈迦の教育上の方便とみて,低きより高きに進む五つの時期と,八つの教理によって体系化し,すべてを《法華経》に帰一させるもの。華厳,阿含(あごん),方等(大乗),般若(はんにや),法華の五時と,蔵,通,別,円の化法の四教,および頓,漸,秘密,不定という化儀の四教に分かれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごじはっきょう【五時八教】

〘仏〙 智顗ちぎの行なった天台宗の教相判釈はんじやく。釈迦の教えを時代に従って五教に分け、教え導く方法から化儀の四教(頓教・漸教・秘密教・不定教)に、教法の深浅から化法の四教(三蔵教・通教・別教・円教)に分類した。八教。 → 教相判釈五時教

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五時八教
ごじはっきょう

天台宗の教相判釈(きょうそうはんじゃく)(諸経典を説法の形式、方法、内容などにより分類、整理して体系づけること)。五時と八教の併称。五時は、すべての経典を釈尊(しゃくそん)(釈迦(しゃか))が一生の間に順に説いたものと考え、その順序に5段階をたてたもので、以下の五つをいう。
(1)華厳時(けごんじ) 悟りを開いてただちに21日間、悟りの境地のままに『華厳経(けごんきょう)』を説いた。
(2)鹿苑時(ろくおんじ) 次の12年間は『阿含経(あごんきょう)』を説いて小乗の機根(教えを聞いて修行しうる能力)の者を誘引した。
(3)方等時(ほうどうじ) それに続く8年間は小乗を批判して大乗に引き入れるために『維摩経(ゆいまぎょう)』などを説いた。
(4)般若時(はんにゃじ) 次の22年間は大小乗の執着を捨てさせるために『般若経』を説いた。
(5)法華涅槃時(ほっけねはんじ) 晩年の8年間は『法華経(ほけきょう)』の一乗真実の教えを説き、最後の一日一夜、『涅槃経』によってこれまで漏れていた者もすべて救った。
 八教は、化儀四教(けぎのしきょう)と化法四教(けほうのしきょう)の総称である。化儀四教は、説法の仕方によって四種をたてたもので、次のように分けられる。
(1)頓教(とんぎょう) 真理をそのまま説いたもの
(2)漸教(ぜんきょう) 衆生(しゅじょう)の機根によって段階的に説いたもの
(3)秘密教 同じ教えでも機根によってそれぞれ異なった利益を受け、しかも互いにそれを知らないもの
(4)不定(ふじょう)教 秘密教と同じであるが他人の存在を知っているもの
 また化法四教は、教説の内容によって四種をたてたものである。
(1)蔵教(ぞうきょう) 小乗の教え
(2)通教(つうぎょう) 大乗、小乗に通ずる教え
(3)別教(べっきょう) 大乗のみを説いた教え
(4)円教(えんきょう) すべてを包摂する円満な教え
 五時八教は、中国南北朝時代の諸種の教判を受け、全仏教をもっとも総合的に体系化し、価値配列したものであり、後世に大きな影響を残した。[末木文美士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五時八教の関連キーワード円教円融教義学教典大毘婆沙論天台四教儀法数空門四明の教法仏説

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone