コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五条乙前 ごじょうのおとまえ

1件 の用語解説(五条乙前の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

五条乙前

没年:承安1?(1171)
生年:生年不詳
平安末期の傀儡女。没年については諸説あるが,後白河上皇の出家(1169)以降であることは明白。『転法輪鈔』に依るなら安元3(1177)年か。正統派今様の名手(『今様の濫觴』)で後白河上皇の師。美濃青墓(岐阜県大垣市)の傀儡女目井の養女。12,3歳のころ監物清経に連れられ目井と上京。保元2(1157)年藤原信西の仲介により乙前の息木工允清仲の縁で後白河天皇と初めて対面,以後十余年(『転法輪鈔』によるなら20年)後白河上皇と親密に交流,乙前今様のすべてを伝授。84歳の春2月19日に没。『転法輪鈔』にはその一周忌の折の後白河法皇の追善表白文が収められている。<参考文献>小川寿子「今様,後白河院と渡来文化」(『日本歌謡研究 現在と展望』)

(小川寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五条乙前の関連キーワード赤土国篁物語短歌メフィストフェレスリュート吉野宮今日庵やんす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone