コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙前 おとまえ

2件 の用語解説(乙前の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙前 おとまえ

1087?-1170? 平安時代後期の女性芸能者。
寛治(かんじ)元年?生まれ。今様の名手といわれ「梁塵秘抄口伝集(りょうじんひしょうくでんしゅう)」によると保元(ほうげん)2年後白河天皇と師弟の関係をむすぶ。法皇の「昼はひねもす,夜はよもすがら……」という今様の愛好ぶりが乙前の名を後世につたえることとなった。嘉応(かおう)2年ごろ84歳で没したという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おとまえ【乙前】

平安時代末の遊女で,後白河法皇今様を伝授した。生没年不詳。《梁塵秘抄口伝集》巻十によれば,保元の乱(1156)の翌年,当時31歳の後白河天皇は,当時72歳の乙前を召して師弟の契りを結び,十数年間今様の伝授を受けた。年老いてはいたが乙前の声は若く歌は上手であったという。乙前は目井(めい)の弟子で,美濃にいた幼少のころすでにその才能を平清経に認められている。乙前は84歳の春(1169)病気になり病床を見舞った後白河院は結縁のために法華経1巻をよみ,病気治癒のための今様を歌い乙前を感泣させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の乙前の言及

【梁塵秘抄口伝集】より

…巻十は完本で法皇50歳代の著述。法皇の10余歳から40年に及ぶ長く厳しい今様の修練,当代の歌い手への批評,熊野・賀茂などの社寺における今様の霊験譚,そして法皇が到達した今様と仏教との融合の境地を記すが,特に法皇の若いころの今様への異常なまでの執着と修練や,美濃国青墓の傀儡女(くぐつめ)目井(めい)の養女乙前(おとまえ)(すでに70歳を過ぎた老女)を師に得て奥義を会得したこと,また文中豊富に引用される歌曲名とその伝承の実態などは,芸能史,音楽史の面からも注目される貴重な口伝書といえる。【岡見 弘】。…

※「乙前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乙前の関連キーワード今様平康頼長講堂領後白河法皇円恵法親王清原貞安平業房丹波局(1)坊門殿隆憲(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone