コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五段階教授法 ゴダンカイキョウジュホウ

2件 の用語解説(五段階教授法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごだんかい‐きょうじゅほう〔‐ケウジユハフ〕【五段階教授法】

教授・学習指導の展開法の一。予備・提示・比較・総括・応用の五段階。ヘルバルトが唱えた四段階を、同学派のチラー・ラインが教育現場の実状に合わせて改めたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五段階教授法
ごだんかいきょうじゅほう

19世紀後半のドイツで、ヘルバルト派に属する人々によって主張された教授過程論。ヘルバルトは、教授の一般的段階として「明瞭(めいりょう)」「連合」「系統」「方法」の4段階を示したが、ヘルバルト派のツィラーTuiskon Ziller(1817―82)は明瞭を二つに分け、「分析」「総合」「連合」「系統」「方法」の5段階とした。それを同派のラインWilhelm Rein(1847―1929)は、次の5段階に分けた。「予備」新しい観念の統覚に必要な既有の観念の整理、「提示」新教材の提示、「比較」新旧観念の比較、「総括」新旧観念を一つの体系に組織化、「応用」体系化された知識の応用。こうした5段階を踏む教授法は、心理学に基づいて案出されたもので、実際の教授に一つの規範を与えた。しかし、教科や教材の性質を無視して一律に適用されるものとしたので、形式主義の弊害を生むことになった。日本には1890年代(明治中期)に導入され、とくにラインの5段階が現場に広く普及し、教師中心の教授観を築いた。[森分孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五段階教授法の関連キーワード学科課程教授段階教授法学習指導学習塾学習指導案指導案学習指導要領解説書新学習指導要領と新聞活用

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone