五逆罪(読み)ごぎゃくざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五逆罪
ごぎゃくざい

仏教用語。無間地獄(むけんじごく。→阿鼻地獄)に落ちるような,最も重い罪。五逆,または五無間業(ごむけんごう)ともいう。普通,母を殺すこと,父を殺すこと,阿羅漢を殺すこと,仏身より血を出させること,僧団の和合を破壊することをさす。なお,そのほかにも種々の逆罪が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごぎゃく‐ざい【五逆罪】

〘名〙
仏語。五種のもっとも重い罪悪。一般には、母を殺すこと、父を殺すこと、阿羅漢(あらかん)を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることの五つをいい、これを犯すと無間地獄(むげんじごく)に落ちるとされ、五無間業と呼ばれる。また、別に「大薩遮尼乾子所説経‐巻四」に説く大乗特有のものがある。五逆重罪。五逆。
往生要集(984‐985)大文三「造五逆罪、亦得西方」 〔南本涅槃経‐一〇〕
主君、父、母、祖父、祖母を殺す五つの罪。極刑に処せられるべき重い罪悪とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の五逆罪の言及

【罪】より

…こうして罪からの解放や脱却を模索するため,改悛や懺悔(ざんげ),救済や解脱(げだつ)などの問題が浮かび上がってくる。 仏教における罪は法(ダルマ)にそむく行為,戒律に反する行為であり,その代表的なものが〈五逆〉ないし〈五逆罪〉である。すなわち(1)母を殺すこと,(2)父を殺すこと,(3)僧(阿羅漢)を殺すこと,(4)仏の身体を傷つけること,(5)教団の和合一致を破壊することの5種の罪をいい,無間(むげん)地獄に堕ちる罪であるから〈五無間業(ごむげんごう)〉ともいうが,これは基本的には同じ仏教でいう〈五悪〉(または〈十悪〉)や,キリスト教でいう〈七大罪seven deadly sins〉などと同じく道徳的規範に反する罪悪に属する。…

※「五逆罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android