コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五郎兵衛飴

2件 の用語解説(五郎兵衛飴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

五郎兵衛飴

福島県会津若松市、五郎兵衛飴本舗が製造・販売する銘菓。会津産の白糯米と麦芽糖を原料にした水飴を固めた飴。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五郎兵衛飴
ごろべえあめ

福島県会津若松市の名物飴。糯米(もちごめ)のもやしを60~70℃の熱処理で糖化させ、求肥(ぎゅうひ)ほどの柔らかい棹物(さおもの)につくる。三十数代続くという五郎兵衛飴は1181年(養和1)創業といい、1188年(文治4)には源義経(よしつね)、武蔵坊(むさしぼう)弁慶主従が立ち寄ったとの伝承もある。代々の長谷川(はせがわ)五郎兵衛は、蒲生氏郷(がもううじさと)の転封(1590)以来、維新の会津松平氏に至るまで、飴御用を勤めた。会津といわず古来、各豪族が飴を軍糧として重視してきたが、五郎兵衛飴も戊辰(ぼしん)戦争(1868)に際しては、会津鶴ヶ城(つるがじょう)の兵糧の役割を果たしたといわれる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五郎兵衛飴の関連キーワード福島県会津若松市飯盛福島県会津若松市上町福島県会津若松市追手町福島県会津若松市大町福島県会津若松市栄町福島県会津若松市中町福島県会津若松市七日町福島県会津若松市橋本福島県会津若松市宮町福島県会津若松市和田

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五郎兵衛飴の関連情報