五重の扇(読み)イツエノオウギ

デジタル大辞泉 「五重の扇」の意味・読み・例文・類語

いつえ‐の‐おうぎ〔いつへ‐あふぎ〕【五重の扇】

檜扇ひおうぎの一。ひのきの板を8枚とじたものを一つ単位一重)とし、それを五つ重ねた扇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「五重の扇」の意味・読み・例文・類語

いつえ【五重】 の 扇(おうぎ)

  1. 檜扇(ひおうぎ)の板数の多い扇。七、八枚を一重扇といい、その五倍のものをいう。一説に、板の幅が最も狭く開くものとも。例えば、普通は板の幅が一枚一寸五分ずつに開くのを、三分ずつ開くようにしたもの。また、檜扇の両端の板を薄様(うすよう)五重に包んで、いろいろの糸でとじたりして美しくしたものともいう。
    1. [初出の実例]「髪はいつへのあふぎをひろげたるやうに」(出典:源氏物語(1001‐14頃)手習)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android