五重の扇(読み)いつえのおうぎ

精選版 日本国語大辞典「五重の扇」の解説

いつえ【五重】 の 扇(おうぎ)

(ひおうぎ)数の多い扇。七、八枚を一重扇といい、その五倍のものをいう。一説に、板の幅が最も狭く開くものとも。例えば、普通は板の幅が一枚一寸五分ずつに開くのを、三分ずつ開くようにしたもの。また、檜扇の両端の板を薄様(うすよう)五重に包んで、いろいろの糸でとじたりして美しくしたものともいう。
※源氏(1001‐14頃)手習「髪はいつへのあふぎをひろげたるやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五重の扇」の解説

いつえ‐の‐おうぎ〔いつへ‐あふぎ〕【五重の扇】

檜扇ひおうぎの一。ひのきの板を8枚とじたものを一つの単位(一重)とし、それを五つ重ねた扇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android