五重(読み)イツエ

  • いつえ ‥へ
  • いつえ〔ヘ〕
  • いつつがさね
  • ごじゅう ‥ヂュウ
  • ごじゅう〔ヂユウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 袿(うちき)などを五枚重ねること。また、袴(はかま)着用の形式。五重襲(いつえがさね)
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年九月一一日「唯えならぬ三重五えの袿に」
② 五枚重ね着したように見えるふうに、袖口(そでぐち)、褄(つま)の表裏に中陪(なかべ)三枚を加えて重ね縫いしたもの。一説に、地紋の上に五色の糸で模様を織り出したものという。五重の御衣(おんぞ)、五重の唐衣(からぎぬ)、五重の衣(きぬ)など。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一〇月一六日「表着(うはぎ)は菊の五え」
※枕(10C終)八九「いつへはあまり厚くなりてもとなどにくげなり」
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「クチバノ itçutçugasane(イツツガサネ)〔山中常盤〕」
〘名〙
① 五つのかさなり。五つの層。また、いくえものかさなり。
※謡曲・歌占(1432頃)「金銀(こんごん)碧瑠璃(へきるり)、ばぎう迦宝(がほう)の影、五重色空の雲に映る」
② 五重の塔の最上階部。第五重。
※太平記(14C後)二一「法勝寺の塔の五重の上に落ち留まる」
③ (「五逆重罪(ごぎゃくじゅうざい)」の略) =ごぎゃくざい(五逆罪)
※平家(13C前)五「八万四千の相好は、秋の月はやく五重の雲におぼれ」
※雑俳・神子の臍(1710)「狸にも五重さづけた和尚にて」
※曾我物語(南北朝頃)一二「虎、夢さめて、ただ現(うつつ)の心地して、思ひけるは、五ぢうの闇晴れ、三明の月ほがらかにまします大聖釈尊さへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五重の関連情報