井上 良馨(読み)イノウエ ヨシカ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の海軍大将・元帥,子爵



生年
弘化2年11月2日(1845年)

没年
昭和4(1929)年3月22日

出生地
薩摩国鹿児島城下(鹿児島県)

経歴
文久3年薩英戦争に参加して重傷。明治元年維新戦争に春日2等士官で従軍、幕艦・開陽と阿波沖で海戦。3年函館攻略に参加。4年海軍中尉、のち大尉、少佐昇進。8年雲揚船長となり、朝鮮江華島付近で停泊中に砲撃され、陸戦隊を上陸させた(江華島事件)。11年清輝船長として欧州巡視。日清戦争では西南艦隊長官、34年大将。日露戦争には横須賀鎮守府長官として参戦。40年子爵、44年元帥。海軍薩摩閥の長老。1代華族論を唱え、襲爵を辞退した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android