井上井月(読み)いのうえ せいげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上井月 いのうえ-せいげつ

1822-1887 江戸後期-明治時代の俳人。
文政5年生まれ。天保(てんぽう)10年江戸にでる。のち信濃(しなの)(長野県)を中心に漂泊をつづけ,乞食(こじき)井月とよばれた。明治20年3月10日美篶(みすず)村(伊那市)で病死。66歳。越後(えちご)(新潟県)出身。本名は勝造(克三)。通称は勝之進。別号に柳の家,狂言道人。編著に「家つと集」など。
【格言など】何処やらに鶴の声聞く霞かな(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android