コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上修 いのうえ おさむ

1件 の用語解説(井上修の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上修 いのうえ-おさむ

1841-1908 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)12年生まれ。備前岡山藩士。大槻磐渓(おおつき-ばんけい),田口江村にまなぶ。尊王攘夷(じょうい)をとなえ,文久3年藩の周旋方となる。武田耕雲斎,勝海舟らと交流した。明治2年藩校の教授,廃藩後は海軍省,図書寮(ずしょりょう)に出仕。明治41年1月3日死去。68歳。字(あざな)は子勉。通称は千太郎。号は復斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上修の関連キーワード天保の改革監獄法新聞小説ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)スピロサイト野津道貫服部撫松塩基性

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上修の関連情報