コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上千山 いのうえ せんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上千山 いのうえ-せんざん

?-1726 江戸時代中期の俳人。
播磨(はりま)(兵庫県)姫路の豪商小西来山の影響をうけ,来遊した広瀬惟然(いぜん)にまなぶ。惟然の口語調の句風をひろめた。享保(きょうほう)11年11月14日死去。本姓は越智(おち)。通称は平福屋三右衛門。別号に丹頂堂,春曙庵,風羅堂。編著に「印南野(いなみの)」「花の雲」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上千山の関連キーワード千山

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android