コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上武吉 いのうえぶきち

百科事典マイペディアの解説

井上武吉【いのうえぶきち】

彫刻家。奈良県生れ。武蔵野美術学校卒業。1955年―1960年自由美術家協会に出品。1963年サン・パウロ・ビエンナーレに出品。1974年―1979年滞独後,1984年まで滞仏。
→関連項目池田20世紀美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上武吉 いのうえ-ぶきち

1930-1997 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和5年12月8日生まれ。鉄や石を素材とした環境彫刻で知られる。昭和54年「溢れるNo.8」で第1回ヘンリー・ムーア大賞展優秀賞。56年から「my sky hole」シリーズを連作。彫刻の森美術館や池田20世紀美術館の建築設計も手がけた。平成3年中原悌二郎賞,4年吉田五十八賞。平成9年9月26日死去。66歳。奈良県出身。武蔵野美術学校(現武蔵野美大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上武吉の関連キーワード彫刻家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上武吉の関連情報