コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上演劇道場 いのうええんげきどうじょう

世界大百科事典 第2版の解説

いのうええんげきどうじょう【井上演劇道場】

明治末期以来,新派俳優中で最も進歩的行動をとってきた井上正夫が,1936年4月,村山知義を協力者として創設した劇団。芸術的な大衆演劇の創造を目標にしたのを,新派と新劇のあいだを行く〈中間演劇〉と評された。山口俊雄,岡田嘉子山村聡らを座員として久板栄二郎《断層》,三好十郎《彦六大いに笑う》,八木隆一郎《熊の唄》,北条秀司《華やかな夜景》など社会性をもった鋭い人間劇を上演して好評を得た。38年1月,岡田嘉子と杉本良吉の樺太越境事件,42年2月の山村聡,佐佐木隆,鈴木光枝らの脱退事件で動揺したが,山本有三が《米百俵》を書き下ろしたのに力づけられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

井上演劇道場の関連キーワード高橋 芙美子村田 嘉久子織田 政雄荒木 玉枝三島 雅夫下条 正巳村田嘉久子井上 正夫山村 聡織田政雄新派劇森律子文化座