コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木隆一郎 やぎりゅういちろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木隆一郎
やぎりゅういちろう

[生]1906.4.17. 秋田
[没]1965.5.12. 東京
劇作家。本名財一郎。 1924年函館商業学校卒業。 34年上京して東京左翼劇場,のち新築地劇団文芸部に入る。 36年 11月,しいたげられたアイヌとすさんだ街の女が心を寄せ合うまでを描いた『熊の唄』が井上正夫演劇道場によって上演され,脚光を浴びた。以後,『海の星』 (1948初演) ,『母の絵本』 (39) ,『故郷の声』 (46) ,『女の決闘』 (49) ,『湖の声』 (56) など,下積みの人々にあたたかな愛情を注いだ多くの作品を,新派をはじめ商業演劇に提供。著書に『八木隆一郎ラジオ・ドラマ選集』 (52) ,『八木隆一郎戯曲選集』 (66) その他がある。 NHK放送文化賞受賞 (53) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木隆一郎 やぎ-りゅういちろう

1906-1965 昭和時代の劇作家。
明治39年4月17日生まれ。左翼劇場,新築地劇団に所属。昭和11年から中間演劇のために「熊(くま)の唄」や「海の星」などをかく。戦後は「湖の娘」などを新派や新国劇のためにかきおろし,シナリオラジオドラマも手がけた。昭和40年5月12日死去。59歳。秋田県出身。函館商業卒。本名は財一郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八木隆一郎
やぎりゅういちろう
(1906―1965)

劇作家。本名財一郎。秋田県能代(のしろ)市生まれ。初め小説を書くが1930年(昭和5)に左翼劇場文芸部に入り、のち新築地(つきじ)劇団にも参加した。36年に『能の唄(うた)』を井上正夫の演劇道場で上演以後、井上の中間演劇運動を作品面で支えた。第二次世界大戦後、新派や新国劇に『故郷の声』『幻の宿』『湖の声』などを書いて、商業演劇に新風をもたらした。シナリオ、ラジオドラマの分野でも活躍した。[大笹吉雄]
『『八木隆一郎戯曲選集』(1966・牧羊社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八木隆一郎の言及

【土】より

…貧しい小作農勘次が,妻をなくしたあと,娘おつぎとともに労働に明け暮れつつも生活苦にあえぐ姿を,祖父卯平との不仲,地主との関係のなかで描いていく。シナリオは八木隆一郎,北村勉。配役は勘次が当時内田吐夢作品の常連であった小杉勇,おつぎが新人の風見章子,卯平が日活の名優山本嘉一。…

※「八木隆一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八木隆一郎の関連キーワードわが母は聖母なりき浦島太郎の後裔石中先生行状記八木 隆一郎十日間の人生井上演劇道場望楼の決死隊井上 正夫沼津兵学校昭和時代命美わし東をどり悲劇喜劇大日向村愛と誓ひ文化座檜舞台劇作家新派劇

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android